• ホーム
  • 中古ドメインの個々のゾーンと利用する注意点

中古ドメインの個々のゾーンと利用する注意点

SEO上位表示が期待できるとして、中古ドメインを利用する人も多くいますが、それぞれゾーンごとに違いがあって、必ず高い効果が出るものとは限らないので、サイト開設を検討するときには慎重に行うべきです。
以前ドメインを取得して利用していた人がペナルティを受けていて、それが解消されないまま売りに出された、あるいは契約を解除したという場合、中古ドメインとして取得しサイトを作っても、はじめからインデックスされないまま終わってしまう事があります。
注意点として中古ドメインを購入して利用する人は、ペナルティを受けたドメインは販売を行っていないところから購入すべきですし、無料の場合も過去の状況を分かるところまで調べて、サイトの構築を行うべきです。
サテライトの構築で利用する場合には、作っている間に検索してみて、表示が行われるか確かめてみることも一つの確認方法になります。

ドメイン利用者が変わったことを通知してペナルティを解除してもらうことも可能ですが、中古ドメインを利用するメリットともいえるこれまでのドメインの実績がなかったものとなって、新規ドメインと同様に取り扱われてしまい、はじめから上位表示を目指せなくなる事があります。
中古ドメインの注意点として、過去どれくらいの期間利用されてきたかも重要であり、犯罪組織などのサイトでなかったなどもチェックするべきポイントです。
海外のツールで、URLを打ち込むと運用履歴が分かったり、被リンク数やリンク元などを調べるとどんな傾向のサイトであったかが判断しやすくなります。
丁寧に調べて、問題のない中古ドメインだと分かってからサイト構築を行っていったほうが、無駄な労力を使わずにSEO効果が期待できます。