• ホーム
  • 中古ドメインの料金と調査方法について

中古ドメインの料金と調査方法について

中古ドメインの料金については多くがドメインの価値に支払う料金と移管料、それまでの管理費が合わさって請求されることが多いです。
特に管理費については何年分請求されるかでかなりの差となります。
もちろん、それぞれの明細は事前に公開されることが多いのですが、個人売買の場合は非公開となっているケースもあります。
可能な限り、購入にかかる料金をはっきりさせておくことが大事です。
また、移管料については管理費を未払いでない場合は世界的に決まっていますが、未払いの場合はそれを支払わないと移管できないのでさらにコストがかさむことになります。
中古ドメインは価値が大変高いものですが、価値はドメインごとに大きな差があります。
そこで購入前の調査がとても大事です。

調査方法は主に2つあります。

1つは検索サイトで行う調査であり、ドメイン検索を行うことになります。
ドメイン検索によって分かる情報はインデックスです。
インデックスはキーワード、カテゴリが含まれた情報であり、インデックスを活かすことで新ウェブサイトで検索サイトの情報を活かすことが可能となります。
また、インデックスの数が多いほうが中古ドメインとしての評価が高いことになります。
インデックスが無い中古ドメインもありますが、メールアドレスのみでの運用だったかを確認する必要があります。
ドメイン履歴を調べるサービスに情報があるのにインデックスがない場合はペナルティを課せられている場合が多いからです。

2つめはバックリンクです。
こちらも調べるサービスが多数あり、数、リンクを作った人のプロパティをチェックしてコンテンツ作成に活かすことになります。

品質の高い中古ドメインほど、料金もそれなりに高くなります。
高品質な中古ドメインをお手頃な値段で探したい場合には、中古ドメインを扱っている業者を利用するのが良いでしょう。
ドメインパワーや被リンク数によって価格差はありますが、きちんと精査されているドメインしか扱っていないので、高品質中古ドメインを手に入れることができるでしょう。